丹波漆だより

丹波漆についてや漆のいろいろな話 やくの木と漆の館からのお知らせなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おくいぞめ膳



蒔絵教室展より御紹介

こちらはお喰初膳。お孫さんが生まれたときに作られました。
小さな器は御主人が木地を作り、奥さんが塗りをされました共同制作です!
豪華な器に愛情が伝わってきます。

一から製作というと大変ですが、漆の館で作った子ども椀にお孫さんの好きな模様や
お名前を入れる事も出来ます。
心のこもった贈り物になりますよ!またそちらも御紹介します(^-^)

瓢箪で作りました!



以前も少し御紹介したひょうたんの動物たちです。
パンダの足も車のタイヤも丸い台に載っている女性もひょうたん!
ひょうたんに漆を塗ってみたいお客様もたまに来られますね。
気をつけたいのは必ずきっちり干して一年以上経ったひょうたんを使うこと。
見た目で乾いていても一年以内のものは繊維状に黒くしみが浮かぶ事があります。

拭き漆で飴色にしても素敵ですし、こんな風に色を塗って器などにも出来ます。
大作では一抱えほどのジャンボひょうたんを総金箔張りにされた方もありました。。
直接貼るのではなく漆を何回も塗ってからになりますので大変です(笑)

変わり塗の箱


蒔絵教室展よりご紹介!
変わり塗りの文箱です。

蒔絵教室では課題をもとに制作を進めていきますが、こちらは第二期の課題の一つ
前面に豆腐と漆を混ぜた[しぼ漆]で角を立てた模様をつけて、漆を塗り重ねていきます。
漆だけでなく貝や錫粉を蒔きいれ、華やかに仕上げました。

蓋の模様は少し盛り上げてあります。

ひとくちに漆、といってもいろいろな技法があります。
やくの木と漆の館では4人のスタッフがそれぞれの経験を活かして
模様の入れ方を御提案しています。
未熟ながら皆様の作品作りのお手伝いが出来ればと思っています。

蒔絵教室展は5月27日まで、26日、27日は蒔絵教室も開催しておりますので
教室の見学も出来ますよ!気軽に覗いて見てください(^V^)

蒔絵教室展より


本日より蒔絵教室作品展の見所作品をご紹介!
写真はクリックで大きくなります!

こちらは梨子地と変わり塗のブローチ
細かい銀粉や箔の上に黄色い漆をかけているので
金色に見えますね。

こちらは木地もご自分で作られました。
漆の館では塗り用の木地も、ショップに用意していますが
簡単なものでしたらご自分で作ることも出来ます。

小さなものでしたら色々な木切れも用意しております。
是非一度お立ち寄りくたさい。

蒔絵一日体験参加者募集中!




夜久野高原も春爛漫!やくのはしだれざくらが有名で、たくさんのお客様で賑わっています。
明日には満開になるかしら。
この時期は高原市も大賑わいすぎて、早くに行かないとお野菜売り切れ、、なんてことも!
午前中の出発をおすすめします(^v^)

さて、今日の本題は蒔絵1日体験について!

GW企画としてご好評いただいておりますお手軽蒔絵教室です。
漆で描いた絵に消粉という細かい金粉を蒔いて仕上げます。
絵はお好きな模様をお持ちください!(こちらでも少し用意しています。)

金が高値の昨今ですがお値段据え置き?のお得な企画です(笑)
手軽ながら本格的な内容となっております。
今年はお茶菓子にぴったりの干菓子盆(写真手前)も御用意。

絵が苦手だわ、という方も心配無用!絵を写し、塗り絵のような感じで進めていきます。
行楽のGWもいいですが、じっくり取り組む1日もいかがでしょう!

日時 2012 5月6日  日曜  午後1時から5時
場所 629-1322京都府福知山市夜久野町平野2199
    農匠の郷やくの内 やくの木と漆の館 工房
費用 4500円 (材料費、器物代込み)
持ち物 葉書サイズ程度の線描きの絵
定員 10名 (定員になり次第締め切ります)

御参加をお待ちいたしております!!

詳しい内容はお問い合わせ
kitourushi2199-taikenアットマーク(記号に変更)yahoo.co.jp



<< BackホームNext >>

プロフィール

tanbaurushi

Author:tanbaurushi
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。