丹波漆だより

丹波漆についてや漆のいろいろな話 やくの木と漆の館からのお知らせなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分根の話




遅くなりましたが先日の植栽に併せて行われた分根について紹介します。
漆の苗を増やす方法は三種類
種から増やす『実生』
切り株などから根を伝い生える『ひこばえ』
切った根をもとに増やす『分根』

それぞれいいところ、欠点がございますが
分根で増やす場合はもとの木のクローンになります。
なので、たくさん漆のでる木を分根して、漆畑を作っています。
丹波漆の場合は衣川光治さん(丹波の漆掻き)が丹波一号と名づけた
木を増やしています。

写真は苗から切り分けた根っこを数えて縛ったところ。
クリックして写真を大きくしていただくと手前に鉛筆が写っているのが
見えますか?
大体鉛筆くらいの太さの根を苗からいただきます。
(畑で抜いた時千切れた根も使えます)
あまり細かい根が生えてない、整理してもよさそうな根を
切り落とします。
このときもしっかり漆が出てくるので注意。
掘り返したとき傷が付いた根もここで整理しておきます。
ポイントは根っこの上下を揃えておく事。
生えていたなりに上下を決めます。

次回は植えるところを御紹介しますね!

スポンサーサイト

<< 蒔絵一日体験参加者募集中!ホーム冬の漆林 >>

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

ホーム

プロフィール

tanbaurushi

Author:tanbaurushi
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。