丹波漆だより

丹波漆についてや漆のいろいろな話 やくの木と漆の館からのお知らせなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒔絵一日体験参加者募集中!




夜久野高原も春爛漫!やくのはしだれざくらが有名で、たくさんのお客様で賑わっています。
明日には満開になるかしら。
この時期は高原市も大賑わいすぎて、早くに行かないとお野菜売り切れ、、なんてことも!
午前中の出発をおすすめします(^v^)

さて、今日の本題は蒔絵1日体験について!

GW企画としてご好評いただいておりますお手軽蒔絵教室です。
漆で描いた絵に消粉という細かい金粉を蒔いて仕上げます。
絵はお好きな模様をお持ちください!(こちらでも少し用意しています。)

金が高値の昨今ですがお値段据え置き?のお得な企画です(笑)
手軽ながら本格的な内容となっております。
今年はお茶菓子にぴったりの干菓子盆(写真手前)も御用意。

絵が苦手だわ、という方も心配無用!絵を写し、塗り絵のような感じで進めていきます。
行楽のGWもいいですが、じっくり取り組む1日もいかがでしょう!

日時 2012 5月6日  日曜  午後1時から5時
場所 629-1322京都府福知山市夜久野町平野2199
    農匠の郷やくの内 やくの木と漆の館 工房
費用 4500円 (材料費、器物代込み)
持ち物 葉書サイズ程度の線描きの絵
定員 10名 (定員になり次第締め切ります)

御参加をお待ちいたしております!!

詳しい内容はお問い合わせ
kitourushi2199-taikenアットマーク(記号に変更)yahoo.co.jp



スポンサーサイト

分根の話




遅くなりましたが先日の植栽に併せて行われた分根について紹介します。
漆の苗を増やす方法は三種類
種から増やす『実生』
切り株などから根を伝い生える『ひこばえ』
切った根をもとに増やす『分根』

それぞれいいところ、欠点がございますが
分根で増やす場合はもとの木のクローンになります。
なので、たくさん漆のでる木を分根して、漆畑を作っています。
丹波漆の場合は衣川光治さん(丹波の漆掻き)が丹波一号と名づけた
木を増やしています。

写真は苗から切り分けた根っこを数えて縛ったところ。
クリックして写真を大きくしていただくと手前に鉛筆が写っているのが
見えますか?
大体鉛筆くらいの太さの根を苗からいただきます。
(畑で抜いた時千切れた根も使えます)
あまり細かい根が生えてない、整理してもよさそうな根を
切り落とします。
このときもしっかり漆が出てくるので注意。
掘り返したとき傷が付いた根もここで整理しておきます。
ポイントは根っこの上下を揃えておく事。
生えていたなりに上下を決めます。

次回は植えるところを御紹介しますね!

ホーム

プロフィール

tanbaurushi

Author:tanbaurushi
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。